リドカインの作用機序

 

リドカインとは、インタスファーマ社が開発した有効成分であるリドカイン2%が配合している早漏防止医薬品とです。 本来痛み・かゆみの感覚を麻痺させる効果があり、医療現場で局部麻酔として使用していたお薬で、ペニスの感覚を麻痺させることで、早漏防止に繋がります。。特に日本人に多い包茎や仮性包茎で、亀頭が敏感な方にオススメです。

主成分であるリドカインは、即効性・持続効果も高い早漏防止医薬品です。挿入後、3分以内でイってしまう方は早漏と判断されます。感じすぎてしまうペニスにリドカインを塗るだけで、痛みや快感が一時的に麻痺します。

リドカインの作用機序:

リドカインの作用機序は、痛みや痒みを感じられる必要なNaイオンの働きを抑えて、局部麻酔作用を示します。極量は1回200mgまで。リドカインは市販薬にも一部使用されています。不整脈薬にもリドカインが使われています。リドカインは、皮膚表面麻酔の効果・作用機序があり、患部に塗るだけで麻酔効果があるクリームで、神経を一時的に麻痺させて痛みを感じなくさせます。

また、外用局所麻酔剤エムラクリームのジェネリック医療品になり、患者の負担も軽く出来るため、医療現場には欠かせない商品です。医療機関ではリドカイン軟膏を患部 に塗る事で塗り込んだ場所の感覚を麻痺させる局部麻酔剤として使われています。かゆみや痛みといった症状を緩和させる作用があります。リドカインは効果・作用機序が違うためリドカインと早漏治療薬プリリジーの併用は可能です。その効果から男性のペニスに塗ることで一時的に神経を麻痺させ射精を遅らせる効果があります。