薬の飲みすぎはどうなる?

中国では、薬に3%が毒であるという話があります。これによって、できるだけ自然治療で最高的な効果ができます。

しかし、たとえば痛みなどを早めに

減少するためには、薬を多く使用する人がいるでしょう。では、痛み止めを飲みすぎでどうなりますか?

これから説明させていただきます。

実際は、薬を多く服用した場合、効果より副作用のリスクが高い、次のような副作用が顕著に現れる可能性があります。

薬によっても様々な副作用があり、変わってきますので、薬剤師又は、公的文書を詳しくご確認下さい。

NSAIDsに分類される痛み止めの代表的な副作用として、消化器症状があります。

症状としては、食欲不振、胃もたれ、腹痛などがあります。

ひどい場合には、胃腸に激痛が起こり、胃炎、胃潰瘍などの消化性潰瘍を引き起こすこともあります。

特に、胃腸がもともと弱い人やすでに胃腸に潰瘍がある人は、医師の指示でお使いでください。

ですが、痛み止めの服用は、空腹時を避けて、痛み止めが処方される多くの場合、胃の粘膜を保護する薬が合わせて配合

されます。

市販薬として購入する場合にも、胃の粘膜を保護する薬も処方されますので、確認するようにしましょう。

御注意してください:薬を使用しすぎて頭痛がおこることがあります、「薬物乱用頭痛」と呼ばれています。

片頭痛の治療薬や市販の鎮痛剤を頻繁に服用すると、頭痛がひどくなるといった報告があります。

頭痛がひどくなり、さらに鎮痛剤を服用するといった悪循環に陥ります。